できてしまった膝の黒ずみへの対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
肌の黒ずみ

肌の黒ずみは、体の部位を問わずどこにでもできてしまう可能性があります。

体内からの原因と体外からの原因がありますが、解消方法はどちらが原因でも同じです。
しかし、原因を知っておくと、予防策を立てやすくなります。黒ずみの原因をしっかりと把握して解消するとともに、予防策をとりましょう。

体内が原因の黒ずみケア方法

ターンオーバー
まず体内からの原因ですが、これはホルモンバランスが崩れてターンオーバーが正常に行なわれなくなることが原因です。
ターンオーバーが正常に行なわれないと、角質が硬くなる上に皮膚を保護するためメラニン色素が出すぎてしまい沈着してしまいます。

体外が原因の黒ずみケア方法

紫外線
体外からの原因は、紫外線や衣服の擦れによる肌へのダメージ、ニキビ跡がうまく治らず菌が侵入などがあり、皮膚を保護するために皮脂やメラニン色素がなどが過剰分泌され、黒ずんでしまいます。

ケアする際のポイント

化粧水でしっかりとケア
古い角質は比較的簡単に落とすことができますが、そのときに黒ずんでいるからといって強く擦るのはいけません、かえって肌を傷つけ悪循環になります。洗顔時にはやさしく肌をなでるように洗うと良いでしょう。

その後のスキンケアも重要なポイントです。メラニンを抑制するためにビタミンC誘導体が配合されている化粧水や、保湿成分が含まれている化粧水でしっかりとケアしていきましょう。

肌の潤いがスキンケアで重要視されているのは、肌の保護や代謝を促すためには、肌に水分が保たれていることが大事なポイントだからです。日頃からのケアでも保湿はしっかりと行なうようにしましょう。

膝の黒ずみケアランキング